『α6400』ユーザーが『α6700』に乗り換えるかを考える

ライフ

 

皆さんこんにちは、まぬーさです。
ソニーからAPS-Cミラーレス一眼カメラ『α6700』が、2023年7月28日に発売されました。
APS-Cはフルサイズのカメラと比べて、軽量・コンパクトが魅力的です。
2年前に中古の『α6400』を買ってから、下手くそながら多くの写真を撮ってきました。
α6000シリーズの最新機種で、『α6400』とまったく違うカメラとなっているみたいなので、興味をそそられています。
この記事では、『α6400』ユーザーが『α6700』に乗り換えるかを考える雑記となります。
よろしくお願いします。
 

1.『α6400』ユーザーが『α6700』に乗り換えるのは?

結論から言ってしまうと、『α6400』ユーザーが『α6700』に乗り換えるのは、あり
ありと言うより、乗り換えをするために貯金を切り崩す勢いです
性能面は、ほぼフルサイズと変わらないのではないでしょうか。
自分で自分の背中を後押しするために、色々と考えていきます。

2.『α6700』と『α6400』の違い

まずは『α6700』と『α6400』の違いを確認しますが、違いが多すぎて別物です。
『α6400』ユーザーが感涙したポイントを挙げていきます。

1.基本スペックの比較
2.バッテリーの変更
3.液晶モニターの変更
4.USBコネクタの変更
5.手ブレ補正の追加
6.前ダイヤルの搭載
7.静止画/動画の切り替えダイヤルの追加
8.動画性能の向上

 

2-1.基本スペックの比較

個人的に気になった箇所の比較です。

  α6700 α6400
大きさ
(幅×高さ×奥行)
122.0mm×69.0mm×75.1mm 120.0mm×66.9mm×59.7mm
重量
(バッテリー、SDカード込み)
493g 403g
手ブレ補正 アクティブ手ブレ補正 なし
画素数 2600万画素 2420万画素
ISO感動 100-32000
※静止画拡張50-102400
100-102400
重量が『α6700』では90g重くなっています。
バッテリーが変更されたり、手ブレ補正が追加されたり、ダイヤルが2つ新設されたにしては500gを切っているのは素晴らしいの一言ですね。

2-2.バッテリーの変更

『α6400』のバッテリーがNP-FW50でしたが、『α6700』ではNP-FZ100となっています。
NP-FZ100はNP-FW50の2.2倍の容量となっており、液晶モニター使用時の静止画撮影が、『α6400』が約410枚に対して『α6700』は約570枚と長く使用できます。
NP-FZ100はフルサイズ機と同じバッテリーです。
後述するように、手ブレ補正が追加されたり動画性能が向上したりしているので、バッテリー容量が大きくなったのは嬉しいですね。
写真がメインの人には、単純に持ち歩く予備のバッテリーが減ります。
フルサイズ機にも使われているバッテリーなので、すでに持っている人や将来フルサイズ機の購入を検討している人も無駄にはなりません。

2-3.液晶モニターの変更

チルト可動式液晶モニターからバリアングル液晶モニターに変更され、撮影時のアングルが幅広くなりました。
チルト可動式液晶モニターだと、横構図のローアングルやハイアングルには向いていますが、縦構図のローアングルやハイアングルには向きませんでした。
これで良い感じの縦構図の写真が撮れます。
また、vlogで自撮りするのにも向いています
マイクを増設して自撮りをすると、チルト可動式液晶モニターだと画面が見えなくなります。
しかし、バリアングルモニターだとカメラ本体の横からモニターが見れるので、カメラ上部にマイクを増設してもモニターが見れます。

2-4.USBコネクタの変更

USBコネクタが、『α6400』のマイクロUSBから『α6700』ではタイプCに変更されました。
USBコネクタから充電はしたことありませんが、出先にマイクロUSBを持って行かなくてよくなります。
タイプCがメインになっている昨今のガジェットとしては、順当な変更と言えますね。

2-5.手ブレ補正の追加

『α6400』には、ボディ内に手ブレ補正がなく、レンズ内の手ブレ補正に頼るしかありませんでした。
しかも、フルサイズ機にも使えるEマウントレンズに手ブレ補正があっても、APS-C機に装着すると対応しなくなっていました。
静止画撮影時には特段気になりはしませんでしたが、動画撮影時にはかなり気になります。
そんな手ブレ補正が『α6700』では、アクティブ手ブレ補正が追加されました。
ソニーの動画専用シリーズの『シネマライン』でも使われている手ブレ補正です
ジンバルを使わない、手持ちでの動画撮影がしやすくなりました。

2-6.前ダイヤルの搭載

『α6700』では新しく前ダイヤルが、グリップの全部に搭載されました。
F値の設定やシャッタースピード等を割り当てられるので、撮影時の操作が素早く行えます。
フルサイズ機にも搭載されている機能です。
『α6400』の割当が可能なダイヤルは2つでしたが、
前ダイヤルが追加された『α6700』では、3つになりました。

2-7.静止画/動画の切り替えダイヤルの搭載

『α6700』ではモード設定ダイヤルの下に、静止画/動画/S&Qを切り替えられるダイヤルが搭載されました。
『α6400』はモード設定ダイヤル内で、動画モードに切り替えます。
『α6400』では、静止画時の設定と動画時の設定が共有なので、一々設定を変更しなければいけませんでした。
しかし『α6700』からは、静止画と動画の設定が独立したので、この切り替えダイヤルで一瞬で設定が呼び出せます
静止画と動画の切り替えが一瞬でできるのも良いですよね。
ちなみに、『S&Q』は『スロー&クイック』のことで、スローモーション動画とクイックモーション動画を撮影できるモードです。

2-8.動画性能の向上

動画性能ですが、『α6400』は4K30p/24pに対して『α6700』は4K120p/60p/30p/24pでの撮影ができます。
4K120pに対応したということで、4Kの高画質でスローモーション動画が撮影できるようになりました。
4K120p対応って、フルサイズ機の『α7Ⅳ』は対応していないので、実質フルサイズ機超えと言っても過言ではありません。

3.『α6700』とフルサイズ機の違い

続いて、『α6700』とフルサイズ機の違いについても考えていきます。

1.画角について
2.カメラの重量について
3.画素数について
4.SDカードスロットについて

 

3-1.画角について

これは当たり前のことですが、フルサイズ機とAPS-C機では、搭載しているセンサーのサイズが違うので画角が違います。
同じ焦点距離のレンズで撮影しても、APS-C機は画角が狭くなります。
その分、被写体を大きく撮れるというメリットもあります。

3-2.カメラの重量について

画角の項目でも触れましたが、フルサイズ機とAPS-C機はセンサーサイズが違います。
APS-C機の方が小さいセンサーなので、ボディサイズも小さく、重量も軽いです。
型式 α6700 α7Ⅳ α7R V α1
カメラ重量 493g 658g 638g 737g
また、APS-C機のレンズも小型軽量な物が多く、撮影時や持ち歩き時の負担が少ないメリットがあります。
私が最初に使っていたのは、父親からもらったフルサイズ機でしたが、重くて徐々に撮影頻度が少なくなったことがあります。
旅行に行くようになって、APS-C機の『α6400』を中古で購入してから、撮影頻度が高くなりました。
カメラを使う上で、重量というのはかなり重要な部分だと個人的には考えます。

3-3.画素数について

近年のカメラ、スマートフォンでは画素数が1つの売りになっています。
『α6700』の画素数は2600万画素となっていますが、カメラの液晶モニターやパソコンの画面を見てわかるものなのでしょうか。
多くのプロカメラマンがYouTube内で言っているのは、「大きな紙に現像した場合には、画素数の差はよくわかる」というものです。
なので画素数は、フルサイズ機の方が上であっても、α6000シリーズユーザーからしたら気にしなくて良い数値です。
型式 α6700 α7Ⅳ α7R V α1
画素数 2600万画素 3410万画素 6100万画素 5050万画素

 

3-4.SDカードスロットについて

多くのフルサイズ機は、SDカードのスロットが2つあります。
フルサイズ機での撮影をする人は、自分の好みの色味に設定して撮影していますが、LOG撮影をすることで色味を変更していない形式でも保存しています。
LOG撮影をすることで、色味の違う同じデータが2つできるので、単純にデータ容量が倍必要になります。
静止画でLOG撮影をしているなら大丈夫だと思いますが、動画だとかなりの容量が取られるので、持ち歩くSDカードの枚数が増えてしまいます。
あとは、SDカードの不良でデータがなくなったとき用のバックアップにもなります。
カードスロットが2つあれば嬉しいですが、α6000シリーズユーザーはこれまでと変わらないので、デメリットにはなりませんね。

4.終わりに

『α6400』ユーザーが『α6700』に乗り換えるかを考えてきましたが、いかがだったでしょうか。
この記事の内容をまとめます。

・『α6700』は、全てにおいて『α6400』から進化している
・『α6700』は、フルサイズ機と同じ機能を有している
・『α6700』は、『α7Ⅳ』に一部勝っている部分がある

『α6700』の発売が発表されるまでは、「そろそろフルサイズ機を買おうかな」と、『α7Ⅳ』について調べていました。
こうやって考えてみると、『α7Ⅳ』より10万円安くて、フルサイズ機と同じ機能があって、『α7Ⅳ』に勝っている部分があるって、決定的ではないでしょうか。
最初の結論で「乗り換えるのは、あり」と書きましたが、乗り換える
最近vlogに興味が出て、Canonの『PowerShot V10』というvlogカメラを購入して使っています。
『PowerShot V10』で動画を撮り、『α6400』で写真を撮っていますが、1つのデバイスで2つのことができる方が良いですよね。
ということで、『α6700』買います
今すぐに、とはいきませんが絶対買います。
物欲が爆発しなければ、冬のボーナスが出てから買う予定です。
それまでは色んなYouTuberさんの、『α6700』で撮影した動画や静止画を見て思いを馳せます。
お疲れ様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました